愛し合うカップルの写真

性行為時にローションを使用すると精子が弱まり避妊効果が高まるという噂を聞いたことはないでしょうか。本当にローションで避妊効果が高まるのか?安全なのか?など避妊とローションの関係についてまとめております。

避妊薬とAIDで免疫力の減退をカバー

パートナーと夜の営みを行った後から、膀胱炎やAIDに悩まされてしまうという方は多いものです。
一見、関係がないように感じられる両者の関係ですが、実は明瞭な関係性があることがわかっています。
このような膀胱炎になってしまった時には、避妊薬で対処することができます。
そもそも、膀胱炎に陥ってしまう原因は、本来入るはずのない尿道の中に細菌が侵入してしまうことです。
女性というのは、男性に比べると尿道が短いため、圧倒的に炎症が起こりやすいと言われています。
人間の皮膚というのは、日々欠かさずに入浴していても、様々な細菌が付着しています。
特に、デリケートゾーンには大腸菌など厄介なウイルスも多いです。
パートナーと楽しんだ際には、付着した菌が広がってしまい、尿道に入り込むのです。
しかも、摩擦などで皮膚の薄い粘膜が傷を負うことにより、より一層ウイルス感染しやすくなるという仕組みです。
個々により異なりますが、一般的に行為後の数日後から数週間後に生じることが多いです。
また、妊娠中も膀胱炎になりやすいと言われています。
妊娠中には、避妊薬を飲んで対策をすることができないので、通常よりも対処が難しいと言われています。
妊娠期というのは、抵抗力が著しく減退しています。
そのため、菌に感染しやすい状態になってしまっているのです。
本来、人間というのは菌などの異物が体内に侵入してきた場合、追い出すための機能が働きます。
これほどまで著しく免疫力が低下してしまうのは、身体の中に胎児が存在しているためです。
胎児に多くの栄養が摂り込まれるため、母体の免疫力が下がってしまうという仕組みなのです。
そのため、尿意を我慢せずに、すぐにトイレに行くようにしましょう。