愛し合うカップルの写真

性行為時にローションを使用すると精子が弱まり避妊効果が高まるという噂を聞いたことはないでしょうか。本当にローションで避妊効果が高まるのか?安全なのか?など避妊とローションの関係についてまとめております。

ゲスターゲン不足が原因の鬱症状には経口避妊薬が効く

女性の鬱症状の原因として、性ホルモンの変化があげられます。
月経前症候群(PMS)や月経前不機嫌性障害(PMDD)は、排卵後から生理が終了するまでの間に、下腹部痛や腰痛などの身体的症状に加えて、憂うつ感やイライラなど精神的症状が現れます。PMDDは、PMSより精神的症状が強く出て、鬱病の原因になることがあります。
マタニティブルーは、産後の情緒不安定な症状のことで、抑うつや不眠、不安感などが主に現れて、自然に治まります。ただし、これらの症状が続く場合には、産後うつに発展することもあります。
加齢や閉経で、卵巣から分泌される女性ホルモンの低下によって、自律神経に影響を及ぼして、情緒不安定や憂鬱感などの精神的症状が現れることがあります。
甲状腺機能の異常によって、甲状腺ホルモンが低下または増加し、鬱病を併発することもあります。
この他、さまざまなストレスが性ホルモンの乱れを引き起こして、鬱病を発生させることがあります。
女性ホルモンには、エストロゲンとゲスターゲンがあります。ホルモンバランスの乱れのうち、全世代の女性で見られるのが「ゲスターゲンの欠乏」で、特に更年期に多く見られるのが「エストロゲンの欠乏」です。
PMSは、エストロゲンが過剰でゲスターゲンが不足しているのが原因の一つであると推定されています。ゲスターゲンは、自然の抗うつ剤と言われており、脳内のドーパミンやセロトニンを増やす働きがあります。
経口避妊薬には、エストロゲンとゲスターゲンが含まれており、服用することでホルモンバランスを整えることができます。PMSや更年期障害の改善に効果がありますので、これらの症状に悩んでいるなら、服用を検討することをおすすめします。